2014年06月21日

私は誰かにとって会いたくない人(I am a man someone doesn't want to see)

今日、店で服を選んでいるとき、自分の手を目の横に立てて
私と目が合わないようにして通り過ぎて行った人がいた。

まぁ、嫌われているにしても、別の道を通られるほど
恐れられていないなら、お互い大した害もなさそうで
良いというものだ。

離婚した人でさえ、「ここが元嫁が住んでいる家だ」と
言いながら今の嫁と通り過ぎることができるようなので
今が幸せな人は過去にはこだわらないようだ。
posted by ガノ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック