2014年08月31日

最近の海外挙式

イタリアの教会で式を挙げられることになったので
嫁と一緒にドレスとタキシードを選びに行ってきた。

日本で選んでおいたものを海外のブライダル会社が
現地のレンタル品から渡してくれるか、現地の品に
空きがなければ日本でレンタルしたものを持っていく
というシステムのようだ。

服を選ぶ場所には他に2組のカップルがいて、
隣り合った衣装室でそれぞれ衣装を選んでいたので
会話が聞こえてきた。

若いカップルは安い衣装を選び、年配のカップルは
生地の良い高い衣装を選んでいた。

大学生の時に数学の教授が「若いうちは時間はあっても
お金がなく、年を取るとお金はあっても時間がない」と
言っていたが、まさにその通りだ。

その店には何人か、予約の時間を間違えたカップルが
やってきていた。

うっかりさんが多いのか、舞い上がって気が急いているのか。

そんな人たちに幸あれ。
posted by ガノ at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック