2014年07月27日

誰がために音は鳴る(For whom the sound is produced)

音響マニアにとっては高くないのかもしれないけれど、私にとってはクソ高い、でも欲しかったイクリプスタイムドメインのスピーカーをついに獲得した。

テレビの音もこれで聞いたほうが響きがいいと嫁に言ったのだが、どうも違いがわからないみたいで、テレビに繋いでいたケーブルを引っこ抜かれた。

仕方がないので、ゲームをするときと映画を観るときと音楽を聴くときだけ使うことにしたのだが、このスピーカーの良さがわかってもらえないのは残念だ。



posted by ガノ at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

私は誰かにとって会いたくない人(I am a man someone doesn't want to see)

今日、店で服を選んでいるとき、自分の手を目の横に立てて
私と目が合わないようにして通り過ぎて行った人がいた。

まぁ、嫌われているにしても、別の道を通られるほど
恐れられていないなら、お互い大した害もなさそうで
良いというものだ。

離婚した人でさえ、「ここが元嫁が住んでいる家だ」と
言いながら今の嫁と通り過ぎることができるようなので
今が幸せな人は過去にはこだわらないようだ。
posted by ガノ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

先週、変な夢を見た(I had a strange dream as I slumbered last week)

某マンガで見た夢の話を公開するのは時間の無駄遣いと
言われていたが、メモとして残しておく。

自分の父親のようで父親でない、日に焼けた高齢の
男性が、いつの間にか自分の部屋にいた。
どうやって入ってきたのかを調べていたら、
ドアの鍵が薄い金属板でできたフック式のものであり
ドアを押すと鍵がゆがんで簡単に入れてしまう。
とりあえず追い出して、喫茶店のある駐車場から
帰ろうとするとサバイバルゲームが行われていた
ので、違う道で急いで帰った。
というのも、あんな鍵ではほかの人も入っているかも
と思えてしまい、気が気でなかったからだ。
家に帰りついて、和室のふすまを開けてみると、
押入れにぴったりはまるほどの大きなムキムキの
海パン男が体育座りをして入っていて、おもわず
叫び声をあげてしまった。

ふと、窓に目をやると、5つほどの青と白が混ざった
熱気球がものすごいスピードで飛んでいる。
あぶない、大変だと思って外を見ると、
世界初のガスを使った気球を膨らましている
人たちがいた。
気球をしたからよく見てみると、籠が透明で
カップルなどが乗っていた。
パンツ見えるかもと思ったのも束の間、
気球のの形がハートやクラゲに一瞬で
変わり、訳が分からなくなって目が覚めた。

その次の日には、喋る犬がトマトを十字に切って
チーズと合わせていた。
それを見た買い物帰りの猫がにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃにゃ
(何を食べているんだ)と問いかけたところ、
ブライトクワトロだと犬が答えた。

ここからは実話だが
その日の夜、嫁さんの実家に行ってみたら、
トマトと合わせたモッツァレラチーズが出てきた。
予知夢だったようだ。

posted by ガノ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。