2011年02月06日

金が金を産む投資で1億円を貯めるには

necros01.png
サラリーマンの生涯賃金は、平均年収600万円で22歳から38年間働いたとして2億3千万円ぐらいです。

「38年間も働きたくない」という人や「年収が600万円になるほど頑張れない」という人がこの2億3千万円という収益に到達するためにはどうすれば良いでしょうか。

株であれば、300万円の元手を30年後に1億円(約33倍)にすることは可能だと考えています。
30年間も株価が上がり続けるということはあり得ませんが、毎日1%ぐらいの変動はありますし、株価が下がっているときでも儲けられる「空売り」という手段があるからです。

毎月1%の利益を出し、その利益を投資に回すという複利法で計算すると、360か月後(30年後)には1.01の360乗の金額、つまり約36倍の金額になります。

新入社員のときから毎年40万円ずつ貯蓄すれば8年後には320万円貯まりますので、それを使って毎月1%の利益を出す。そうすれば、年収は300万円ぐらいでも2億円に到達できますし、年収が600万円以上あるなら早めにリタイアしても2億円に到達できます。

肝心の「株で毎月1%の利益を出す方法」は、ご自分で勉強してください。
「言った通りにしたのに利益が出なかった」と怒られるのは嫌ですから(笑)
でも、1%ぐらいの利益であれば、リスクの高い株を買わなくてもいけると思いますし、一日中株価の変動を眺め続ける必要もないと思います。


ちなみに、上の画像は今作っているゲームのタイトルのラフです。
これには1円の価値もないですが、自分の心が少し満たされます。
資本主義社会の中で生きていくにはお金が必要ですが、体も心も大事。
要はそれらのバランスが一番大事だと思います。
環境や自分の変化に敏感になってバランスを保ち続けたいものです。
posted by ガノ at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

JRの株を買うならJR西日本がお得?

銀行にお金を預けていても利子が全然つかないので
私は5年ほど前から株取引をやっています。

最初のころは勝手がわからずいろんな会社の株を
買っていましたが、最近はJRの株を買うようにしています。

その理由として、JRは輸出事業がメインではないので
為替変動によって株価が上下しにくいことと、
配当金や株主優待があることが挙げられます。

配当金の多い、少ないは、株価に対する配当金の割合
(配当利回り = 配当金 ÷ 株価)で求められます。

JRの中でこの割合が一番高いのは「JR西日本」です。

【配当利回り】
JR西日本: 2.16%
JR東日本: 1.87%
JR東海:  1.23%

2.16%なら銀行の利息よりも良いので株のほうが良いという
わけです。
ただし、JRの株価は毎日1%近く変動するので、
株価が配当利回り以上に下がってしまうと損するという
リスクがあるので、配当金がもらえるまでずっと株を
持ち続けるよりは、適宜売買したほうが安全だと思います。

あと、JRの株は株主優待として、電車賃やホテル、百貨店などの
割引券がついてくるのですが、このうち電車賃の割引券は
金券ショップに持っていくと換金できます。

換金してもらえるお金も、今のところJR西日本のが一番多いです。

店によって違うようですが、大体はこんな感じです。

【割引券の換金額】
JR西日本: 4,000円/枚
JR東日本: 1,700円/枚
JR東海:   700円/枚

以上のことから、株価変動による損益を考慮しなければ、
JR西日本の株が断然お得というわけです。

ただし、大きな人災を何度か起こしている会社の株を買うのが
良いのかという意見もあります。

そのことは自分の心に問うべきことですが、
株を買わないということよりも、株を買って株主総会に参加し、
人災防止に力を入れるよう提言することのほうが、
防止につながるように思えます。
posted by ガノ at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。